さとう式リンパケアって?

こんなお悩みありませんか?

節症』『猫背』etc…
これらは全て、筋肉の緊張が原因です。
さとう式リンパケア』は優しく撫でるリンパケア。
痛みや辛さを伴わずに、身体が緩んでいくことを感じられる施術です。

さとう式リンパケアの始まり

さとう式リンパケアとは、歯科医でもある佐藤青児先生が顎関節の患者さん達の治療のために考案したリンパケア理論です。
元々はアゴの関節運動を利用して「口腔」から身体全体をゆるめ、リンパを流れ易くし、循環障害を改善する健康法でした。そこから研究を重ねた佐藤青児先生により、全身にも応用がきく手法へと発展していきました。

より効果的なリンパケア

一般的にみなさんがよく聞く「リンパマッサージ」では、リンパ管内のリンパ液のみを押し流そうとするものです。さとう式リンパケアでは、リンパ管内に入る前の「リンパ間質液」を含めたリンパ液の流れを促す手法となります。
この手法の特徴は、「押さない・揉まない・引っ張らない」優しいタッチでで筋肉を緩めていくこと。筋肉が緩み、自らの力で循環が改善すると、このリンパ間質液を含めたリンパ液が自然と流れていきます。

さとう式リンパケアで改善されること

筋肉と皮膚の間に流れているこのリンパ間質液の循環をよくすることで様々な症状の改善に役立っています。

頭痛、肩こり、猫背、エラ張りなどのお悩みをはじめ、さらに、血管やリンパ液の流れが促進されるため、シワ・たるみ・むくみ・くすみといった美容上の変化もしていきます。

健康・美容・医療・スポーツ・介護業界と幅広く即効性がある新しいケア法として注目されており、実際に様々な社会課題に貢献しています。また一部の歯科医院や治療院・整体院などで、このさとう式リンパケアが取り入れられるようになってきています。

さとう式3つの基本

No.1 正しい姿勢で腔を立たせる

身体には大きく分けて、口腔・胸腔・腹腔という3つの空洞があり、ペットボトルのようなものだとイメージしてください。
その筒状の空洞を広く保てれば、内蔵は活発に働き、健康も美顔も美ボディも手に入ります。
しかしながら、これらの腔がつぶれると、さまざまな体のトラブルを引き起こしてしまいます。

No.2 筋肉をゆるめて柔らかくする

人間の筋肉には「屈筋」と「伸筋」の2種類に分別され、関節を曲げる時には「屈筋」、伸ばす時には「伸筋」に力が入ります。
筋肉自体は伸びる力を持たないため、硬直した筋肉それぞれが拮抗する中でねじれが生じ、姿勢を崩す原因になります。

No.3 押さない!揉まない!引っ張らない!

筋肉が縮まった状態で動かなくなると、筋肉内に体液(リンパ間質液)の流れが悪くなり、老廃物が排出されなくなります。
筋肉がパンパンに張ると、筋肉を包んでいる筋膜が引っ張られて、刺激され、痛みとなっていきます。
「押さない!揉まない!引っ張らない!」を基本に筋肉をゆるめることで、痛みが緩和され体液の流れもよくなります。

正しい姿勢ってどんな姿勢? |

カラダは3つの『腔』で出来てます。

右の図、みなさんはどちらが近いですか?
左の方は整体必要ありません♡
左の姿勢のように腔が立っている姿勢が理想です。

もし右の姿勢に近いなら、
『さとう式リンパケア』で身体を整えることをおすすめします。